投稿日:2024年6月8日 更新日:

鉄道架線ビーム塗装工事の最新事情

こんにちは!株式会社鶴見建装です。
神奈川県横浜市に拠点を持ち、橋梁塗装、船舶塗装、一般建築塗装、鉄塔塗装、そして鉄道架線ビーム塗装に注力しています。
今回は、鉄道架線ビーム塗装の技術領域における最新事情をご紹介する記事です。

鉄道事業に求められる塗装のトレンド

虫眼鏡を構える
鉄道業界は恒常的な技術革新の中で進化を遂げており、塗装工事領域でもそのトレンドは変化しています。
弊社が目撃している最新トレンドは、持続性を重んじた塗料選定と施工方法の改良です。
例えば、ブラスト工法など環境に配慮した事前処理は、塗膜の密着性と耐久性を高めつつ、周辺環境への影響を抑える取り組みとして重要視されています。
特に、過酷な日本の気象条件や、地震といった自然災害に耐える耐久性の確保が求められており、鉛やクロムといった有害物質を含まない塗料の開発も盛んに行われています。
これらの塗料は、鉄道架線ビームの保護だけでなく、視覚的な識別を容易にするために明るく目立つ色彩が好まれます。
さらに、メンテナンスの簡易化もトレンドとして注目されており、長期に渡って塗り替えの頻度を減らせるような技術に強い関心が寄せられています。

鉄道架線ビームの特性に合致した塗装技術

鉄道架線ビームは、電車や新幹線が通電する上で不可欠な部材です。
これらの構造物は日夜、振動や風雨といった自然の猛威に晒されており、それに耐える塗装技術の選定は非常に重要です。
神奈川県などの地域において行われる塗装工事において、弊社は多角的な視点から最適な塗装技術を選定しています。
湿度や塩害、紫外線など、バラエティーに富んだ日本の気候条件を考慮した場合、耐水性、耐塩性、耐紫外線性といった特性を備えた高品質な塗料の選択が不可欠です。
この種の塗料は、鉄で構成されるビームを腐食から守り、寿命を大幅に延ばす効果があります。
また、これらの技術は一般建築塗装工事や鉄塔塗装工事にも応用可能であり、都市のランドマークとなるような鉄塔などの保全にも貢献しています。

鉄道事情に即した塗装工事のポイント

日本の鉄道事情は他国に比べて特殊であり、これに即した塗装工事には細心の注意が必要です。
鉄道架線ビーム塗装をはじめ、船舶塗装工事や橋梁塗装といった公共工事を行う場合、弊社は現場の安全性を最優先に考えます。
作業は夜間や、鉄道運休時間を利用するなど、計画性を以て行わなければ、大がかりな交通機関への影響や安全問題が発生します。
鉄道架線ビーム塗装工事には専門的な技術力が求められ、特に塗料の選定と施工技術の高度化がキーとなります。
最新の塗装工事では、熱を利用した乾燥工法を取り入れることで、施工速度の向上と品質の確保を図る手法も開発されています。
弊社ではこうした技術を駆使し、お客様からのご依頼に迅速かつ柔軟に対応致します。

実績豊富な塗装工事業者です!

お問い合わせスマホ
橋梁塗装工事をはじめとする神奈川県内での塗装専門業務に関するご相談はございませんか?
お困りごとがございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせフォームからご連絡ください。
専門のスタッフが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社鶴見建装
〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山2-8-48-2
TEL:045-716-8267 FAX:045-716-8271

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

冬の訪れ

冬の訪れ

今月もお疲れ様でした。最近は一気に気温が下り、朝夕は手足がなかなか温まりませんね。暖房をつけ始めた方 …

春寒の候

春寒の候

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に塗装工事全般を承っております株式会社鶴見建装です。 梅の蕾に春の …

オーナー様自ら施工です

オーナー様自ら施工です

「今年の梅雨は…どうかね…」現場で働く作業員の習慣的な会話の一部ですね。朝、昼、夕方、そんなに頻繁に …