投稿日:2024年6月11日 更新日:

船舶塗装工事における耐久性とコストのバランス

こんにちは、株式会社鶴見建装です!
拠点である神奈川県横浜市から、ブラスト工法などを用いた塗装工事を行っている専門会社です。
橋梁塗装や船舶塗装、さらには一般建築塗装や鉄塔塗装、鉄道架線ビーム塗装など、様々な分野の塗装作業を皆様に提供しております。
この文章では、船舶塗装において耐久性とコストバランスを如何に両立させるかについて、ご紹介させていただきます。

コスト効率重視の船舶塗装

背中越しの作業員
塗装工事にあたっては、質だけでなくコストも重要な要素であることは間違いありません。
特に船舶塗装においては、海洋環境という過酷な条件下での耐久性が求められるため、コスト効率の良い工法は必須です。
例として、ブラスト工法という砂を高圧で吹き付け、旧塗膜を剥離して表面を均一化する技術が挙げられます。
こうした前処理は、後の塗料の密着度を上げ、塗装耐久性を格段に高めます。
また、スマートな進行管理もコストの削減に直結します。
天候や作業環境に左右される船舶塗装工事では、効率よく計画をこなしていくことが重要で、作業時間の短縮にもつながります。
ひとつ一つの工程において時間をムダにしないためにも、事前の段取りとその準備には特に力を入れています。

質の高い塗装でメンテナンスコストを削減

耐久性を高めることは長期的なメンテナンスコストの削減にも繋がります。
質の高い塗装作業が必要とされるのは、塗膜の経年劣化や腐食から船体を守るためです。
質の高い塗料を選択し、また、塗装技術者のスキルと経験も重要になってきます。
高度な技術を用いた塗装は、耐久年数を伸ばし、結果的に定期的なメンテナンス回数を減らすことに成功します。

船舶塗装における長期保護

最終的なゴールは、船舶を長期にわたって保護することです。
それを達成するためには、保護性能の高いコーティング技術を用いることが不可欠です。
タフな海洋環境下で船舶を守るためには、紫外線や塩害、さらには生物の付着など、様々な要因を考慮した塗装を施す必要があります。
ここで使用される特殊塗料や、その塗布方法は非常に専門的な知識が求められますが、弊社ではそういった要望に応えるために日々研究と技術の向上に努めております。

塗装工事は株式会社鶴見建装へ

お問い合わせ斜め
公共工事の現場で塗装工事から一般建築塗装までご対応は弊社にお任せください!
弊社は船舶塗装工事、鉄塔塗装工事など、多種多様な塗装工事に対応可能です。
ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社鶴見建装
〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山2-8-48-2
TEL:045-716-8267 FAX:045-716-8271

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

春寒の候

春寒の候

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に塗装工事全般を承っております株式会社鶴見建装です。 梅の蕾に春の …

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします

2022年、今年もよろしくお願いします。 新年早々に大雪が降り、大変な思いをされた方も多いのではない …

塗装工事現場の様子をご紹介!!

塗装工事現場の様子をご紹介!!

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に塗装工事全般を承っております株式会社鶴見建装です。 今回は塗装工 …