投稿日:2023年4月21日 更新日:

橋梁塗装においてブラスト工法が必要な理由

こんにちは!株式会社鶴見建装と申します。
神奈川県横浜市を拠点とし、多くの現場で塗装工事をしています。
橋梁塗装をはじめ、船舶塗装や鉄塔塗装、鉄道架線ビーム塗装などの工事が可能です。
一般建築の現場だけでなく、公共工事において、これまで多くの施工をしてきました。
金属の使用されている場所は特に、定期的なメンテナンスが必要です。
ぜひ、塗装のプロフェッショナルにお任せください。
ここでは、橋梁塗装においてブラスト工法が必要な理由についてご紹介いたします。
参考にしてください。

金属製品や部品を長持ちさせる

大きな橋
高速道路などの橋梁塗装は、人々の安全を守る上で大切な工事の一つです。
道路は、車や人が休みなく通るため、常にメンテナンスをし、安心して使用できるかどうか確認する必要があります。
弊社で使用しているブラスト工法は、大切な橋の耐久性を向上させるのに役立ちます。
まず、塗装を行う前に、ブラスト処理をすると、金属面に凹凸を作り、内部のサビを防止できます。
また、塗装剤が定着し、はがれにくくする効果もあります。
耐久性が向上することで、金属製品や部品を長持ちさせることができるのです。
強い風や日差しにさらされる、高速道路などの橋梁塗装であれば、特におすすめの工法といえるでしょう。

作業時間の短縮となる

橋梁塗装は決して簡単な工事ではありません。
しかし、弊社のように経験を積んだプロフェッショナルに任せていただければ、安全に工事を行うことが可能です。
更にブラスト工法を用いれば、作業時間の短縮となり、より安全に、スムーズに作業を行うことが可能となります。
効率よくメンテナンスを行い、多くの人の安全で快適な生活を守りましょう。

橋梁塗装のプロにご相談ください!

握手
橋梁塗装をするには、資格や経験を持ったスタッフが必要です。
安全に、そして確実に施工やメンテナンスを完了するためにも、プロの力を活用してはいかがでしょうか。
弊社スタッフは、塗装工事の仕事に責任感と誇りをもって取り組んでいます。
工事のご相談、ご依頼につきましては、お電話もしくはお問い合わせフォームから受け付けております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社鶴見建装
〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山2-8-48-2
TEL:045-716-8267 FAX:045-716-8271

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

春寒の候

春寒の候

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に塗装工事全般を承っております株式会社鶴見建装です。 梅の蕾に春の …

オーナー様自ら施工です

オーナー様自ら施工です

「今年の梅雨は…どうかね…」現場で働く作業員の習慣的な会話の一部ですね。朝、昼、夕方、そんなに頻繁に …

ばば

ばば

ゆうた …