投稿日:2023年4月3日 更新日:

橋梁塗装において行う作業の種類とは

こんにちは!神奈川県横浜市に拠点を置いている、株式会社鶴見建装と申します。
弊社はこれまで、あらゆる種類の塗装工事を経験してきました。
橋梁塗装を始めとし、船舶塗装や鉄塔塗装、鉄道架線ビーム塗装などの工事をしています。
一般建築の塗装だけでなく、公共工事の依頼も受け付けています。
多くの人が利用する場所は常に管理とメンテナンスが必要です。
ぜひ、塗装のプロフェッショナルにお任せください。
ここでは、橋梁塗装において行う作業の種類についてご紹介いたします。
参考にしてください。

橋を長持ちさせるための作業

大きな橋
新しく橋が新設される際には、多くの準備が必要です。
公共工事であれば、一層多くの規定に沿う必要が生じることでしょう。
多くの人が安心して使用できる橋を建設するためにも、橋梁塗装は役に立ちます。
橋梁塗装の作業の一つは、サビや劣化を防ぐことです。
問題が生じた後に対処することは可能ですが、生じる前に予防しておけば、一層長い期間、安全に使用できるでしょう。
サビや劣化を防ぐためには、サビ止めや防水加工を施す必要があります。
橋梁塗装のプロフェッショナルは、サビ止めや防水加工の効果が長く続くよう丁寧に作業をします。

修復の必要な場所をメンテナンスする

長年使用されている橋は、点検時にメンテナンスの必要な場所が見つかることがあります。
というのも、常に塩水や雨水などいろいろな成分の入った水にさらされているからです。
それらの成分は、サビ止めや防水加工剤を流したり、金属を劣化させたりします。
橋梁塗装では、サビを丁寧に取り除き、劣化の生じた場所を修理します。
ぜひ橋梁塗装のプロに修復を依頼しましょう。
定期的にメンテナンスしていれば、立派な橋を維持することが可能なのです。

橋梁塗装は株式会社鶴見建装へお任せください

ハートを持つ作業員
弊社は、どのような設備の塗装にも積極的に取り組んできました。
また、ブラスト工法など、さまざまな部位に有効な工法を使用し、効率良く工事を行います。
橋梁塗装について検討中の方はいらっしゃいませんか?
工事のご相談、ご依頼につきましては、お電話もしくはお問い合わせフォームから受け付けております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社鶴見建装
〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山2-8-48-2
TEL:045-716-8267 FAX:045-716-8271

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

梅雨明け

梅雨明け

豪雨による災害、被害に遭われた多くの皆様にお見舞い申し上げます。 ようやく梅雨明けとなり、猛暑日が続 …

師走

師走

早いもので2020年も残り僅かです。福島の只見線復旧工場も無事に終わり、社員揃って横浜で年内ギリギリ …

大規模改修工事

大規模改修工事

今年の梅雨入りは早まりそうな噂を聞き、塗装屋としてはドキドキしておりますが、今日もワサワサ塗っており …