投稿日:2023年4月27日 更新日:

定期的に橋梁塗装を行う必要性とは

こんにちは!株式会社鶴見建装と申します。
橋梁塗装をはじめ、船舶塗装や鉄塔塗装、鉄道架線ビーム塗装などの工事が可能です。
神奈川県横浜市に拠点を置き、意欲的にあらゆる種類の塗装工事をしています。
これまで、一般建築の塗装だけでなく、公共工事においても多くの経験を積んできました。
橋梁塗装を行う業者をお探しなら、ぜひ塗装のプロフェッショナルである弊社にお任せください。
ここでは、定期的に橋梁塗装を行う必要性についてご紹介いたします。
参考にしてください。

塗装を劣化させるさまざまな要素

困っている男性
どうして、定期的に橋梁塗装を行う必要があるのでしょうか。
その理由は、橋はさまざまな要素によって日々劣化しているからです。
例えば、温度や湿度、塩分などによって橋の塗装は影響を受けています。
橋梁塗装を行えば、ダメージを受けた塗装を取り除き、サビの発生を食い止めることができます。
弊社でも使用しているブラスト工法は、橋に優しく、効率よく作業できる工法の一つです。
塗装のプロフェッショナルの手で定期的に橋梁塗装を行えば、橋のダメージを軽いうちに修復することができるのです。

自然環境による影響

定期的に橋梁塗装を行えば、強風や地震により生じたダメージにもいち早く対応できます。
自然環境による影響は、いつ、どの程度生じるか想像ができません。
日本では特に、大きな地震だけでなく、小さな地震が度々発生します。
橋は一見とても大きく、頑丈に見えますが、高い場所にあるため、強風の影響を受けやすいといえます。
日光や紫外線にも常にさらされています。
また、川や海など、水のある場所に設置されることもあるため、地盤のゆるみによる影響も受けるでしょう。
人々が安心して利用できるよう、定期的に橋梁塗装を行いましょう。

プロによる塗装メンテナンスをしましょう!

お問い合わせマーク
橋は、新設時だけでなく、その後も定期的に塗り替えをする必要があります。
塗り替えをすることで、橋の強度を維持できます。
弊社スタッフは、塗装のプロとして専門的な知識と技術を持っています。
工事のご相談、ご依頼につきましては、お電話もしくはお問い合わせフォームから受け付けております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社鶴見建装
〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山2-8-48-2
TEL:045-716-8267 FAX:045-716-8271

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

塗装工事現場の様子をご紹介!!

塗装工事現場の様子をご紹介!!

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に塗装工事全般を承っております株式会社鶴見建装です。 今回は塗装工 …

作業時間1年で2日のみ

作業時間1年で2日のみ

先日、某工場の変電所内にて塗装工事を行いました。雨が降りそうな空模様でしたが、晴れ男が揃ったおかげな …

春近し!

春近し!

緊急事態宣言が延長となりまして…ゴタゴタと…新生活、新学期を迎える御家庭が多いかと思います。桜も毎年 …